サッシや雨戸の交換、玄関ドアのリフォームなら窓リフォにお任せ!

お電話でもメールからでもお気軽にお問い合わせください。

お見積り無料!

0120-373-296

メールでのお問い合わせはこちら

スタッフブログ

リフォのドアリフォーム 大阪市 アルミドア取替え工事

2021年08月03日(火)

ドアの開け閉めが出来ないのでスムーズに開閉できるようにしたいというご相談です。どこかよその国の紛争地域のようなたたずまい…。硝子は割られ板を張り、裏手でひと気も無いのでちょっと怖い印象です。しかも歪んでしまっているうえにお客様ご自身で直そうと努力しているのですがそれが逆効果。ドーンと突き飛ばすくらいの勢いでないと開きません。

どうです?綺麗になりました!普段はアルポリックパネルを使うのですが今回は防犯面も高めたいというご要望でしたのでアルミの板を使用しております。ドアクローザー付きなので自閉はもちろん、開き時ストップします。文章で説明しにくいので割愛しますが、この工事が見た目以上に非常に難工事で大変でした。とにかくキレイになって普通に開け閉めできるのが嬉しいと喜んでいただけました。

作業時間 : 約半日

作業者  : 橋本 山口

リフォのドア改修工事 大阪市 店舗ドア取替え工事

2021年07月31日(土)

店舗として営業しているのですが、とても気軽に入れる雰囲気ではないドアです。もっと入りやすい雰囲気にリフォームしたいというご相談でした。

今回はLIXILのクリエラガラスドアへ取り替えます。できるだけ防音効果も高めたいという事でしたので四方枠付きにて設置しました。工事完了後に発覚したのですがドアが閉まると気密が良すぎて他の窓からヒュー!っと音が鳴りが発生しました。今まではガラリ付きで三方枠でしたので気密性はゼロ。エアコンの風も抜けてたのですがこれに取り替えることで風の抜け道が無くなってしまったので窓から抜けるようになったことが原因でした。防音効果のほうを優先したいという事でしたのでエアコンを付けたら窓を少し開けるという対策で音鳴りは解決しました。

思っていた以上の仕上がりになった!と大変喜んでいただけました (^^)/

作業時間 : 約半日

施行者  : 橋本 山脇

リフォの窓リフォーム 宝塚市 FIX窓をブチ破って引違いを!

2021年07月09日(金)

昨今のコロナ騒ぎで問合せが多い案件です。お店のFIX部分を換気できるようにしたいというご相談です。

既存の上部FIX、下部もFIXをそのままに真ん中に窓が欲しいとの事。んなこと出来るの?やってみましょう!既存の硝子を取り外し、まずは寸法出しして切断。同じくFIX窓用の横材を新設し、できた開口部に引違い窓を取りつけます。文章で書くと1行で済む説明ですがこれがなかなか熟練の技が必要なんですよね~

小さい窓ですが網戸も付いて充分換気できます。早くコロナが納まると良いですね

作業時間 : 半日

施行者  : 橋本 山口

リフォの窓リフォーム 堺市 開かない窓を開けられるようにする!

2021年07月08日(木)

よくあるパターンですが戸建て玄関吹き抜け部上部に明り取りの為のFIX窓が取り付けられています。お客様ご自身でその吹き抜け部に床を作り2階のスペースを広げたそう。マジで大工さんに成れますやん!

そこまではできたけどさすがにサッシはよう取り替えんわ~と相談いただきました。ここまでやる人なのでこだわりもあるそうでオーニング窓に取り替えたいとのこと。

縦辷り窓も風を取り込むなら良いのですが急な雨降りでもチョットくらいなら防ぎたいということでオーニング窓への取替えを希望されておりました。ここが開くだけで全然違うんよ!と大変喜んでいただけました!

作業時間 : 約半日

施行者  : 山脇 山口

リフォの窓リフォーム 岸和田市 サッシ取替え(カットモール工法)工事

2021年06月22日(火)

20年くらい前に流行ったジャロジー(ガラスルーバー)窓。当時は画期的で建売分譲地などにたくさん納品したのを思い出します。思い出は置いておいて現在、この窓が防犯性能も断熱性能も非常に低い!

冬場の寒さがもう耐えられない!取替えたい!ってことで相談いただきました。1階ということもありカットモール工法での工事を提案させていただきました。

カバー工法と違い、サッシの完全取替えです。既存のサッシを取り外すために外壁を切断し剝ぎ取ります。元通りの同じ壁にはできないのでアルミのモール材でカットした部分を隠して完了です。YKKのサッシにLIXILのモール材という当社オリジナルの納め方です。この方法は2階や3階の窓だと足場が必要になります。外壁塗装を検討されている方は是非とも同時にサッシ交換を!

作業時間 : 1日

施行者  : 仁熊 山口

このページの先頭へ